るな1●歳 チ●ー学生Tバック – 背徳心MAX!AV – 無料


続きをみる


「お母さんと面接に行ったケド、緊張しちゃって担当の人とお話ができなかった」と言うるなチャン。でもオクチでイロイロな物を舐めたり、頑張って大きく股を開いて大事なトコロを見てもらったらしい。るなチャンの夢は、アイドルになること。「観た人は喜んでくれるかな?」と、ちょっぴり不安だけど、「アイドルになるためには、もっともっと頑張らなくっちゃ!!」と思った、るなチャンでした。


Pink Peach Purine

[/lego_post]
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


同じ女優で、同じロリ物なのに???
お名前は「るな」となっているが、DAISY 10 に出てるのと同じ女優さん 井上莉奈さん
先のレビューにもある様に、私も、ロリが似合うと言うイメージは薄く感じる
華奢で、小振りなおっぱいがロリに似合うかといえば、肌にも少女的瑞々しさも感じられず
なのに?DAISY 10だけは少女と言う言葉がピッタリと高評価?
他にも ワリのいいバイト30 や Tokyo流儀35 にも出てるが 何故か? DAISY 10 だけが異様に高評価なのは???
もっとも、是見るぐらいなら DAISY 10 の方が良いのは間違い無いが
このシリーズ、初期はロリがお似合いの少女だったが、シリーズ進むに連れ、段々ロリからは女優さんがかけ離れて行く
母親には、どう見ても見えないおばさん同伴の面接場面の、クサイ芝居もいい加減飽きた
よほど、女優さんがロリピッタリ美少女探してこない限り、先は厳しそう

「ロリ顔=ロリータ女優」ではない
「イメージビデオの撮影」と偽って、現役チ○ー学生をAVに出演させるという企画。母親同伴の打ち合わせシーンから始まって、「着エロ撮影→ニセモノを使った擬似フェラ→どさくさに紛れてホンモノ登場」というパターンはシリーズ共通である。ストーリーが固定化してきてる上に、女優の「チ○ー学生度」も確実に低下。大したリアクションもなく、黙々とフェラチオに励んでいる姿は、「従順な少女」というよりも、どう見ても「やる気のない新人風俗嬢」である。「ロリ顔=ロリータ女優」ではなく、「どうすればロリっぽく映るか」を心得ている女優こそ、真の「ロリータ女優」と言える。残念ながら、本作の女優からは、「ロリっぽく見せるスキル」は、まったく感じられなかった。
む~
好き好きではあると思うが、自分はあまり好きになれない作品でした。設定に無理がある感じ。
ナカナカ♪
女の子のレベルは良いですね♪ロリタイプが好きな方には良いかも♪しかし、オハナシ自体は…当然、ヌキ所もイマイチかな~♪もったいないです♪
「うぶさ」は合格
アイドル志願のチ●ー学生を演出するのに最も必要なものは「うぶさ」です。
戸惑いながらも言われた通りにただ従う素直さが表現できれば合格です。

プレイとしては?アイスやバナナで擬似フェラ?舌上発射に至るフェラ抜き
?オーソドックスな本番(顔射お掃除締め)という構成になっていますが、
いずれも主導権は終始男性側にあり、女性側に性行為の主体はありません。
分かりやすく言えば、男が自分の手の代わりにチ●ー学生を利用してマスター
ベーションを行う絵が展開されています。ほぼ期待通りの内容でした。
内容でないけど作り手が
最初のイントロダクションは飛ばしも早送りもできず絶対に見ろという作りが気に入らない。続けて掛けて即見れないわな。内容はロリものだがつまらん。
ちゃんと「見える」のだが…
 膨らみ始めのような乳房、ツインテールの似合う幼い顔。ちゃんと「チ●ー学生」に見える。
 ルックスだけでなく、SEXの時のかすかな喘ぎ声も「本物」っぽくていい。ただ、顔射する時に精液があまり顔に命中しなかったのは残念。